第4話 痔ろう 働き盛りの男性は注意

ジロウさんは働き盛りの34歳。会社での営業成績はいつもトップです。そんな彼にも誰にも言えない悩みがありました。その日は午後から大事な取り引きがあるというのに調子が良くありません。前日からの発熱もあり、辛抱強いジロウさんも、さすがに我慢できず当院を受診しました。

ジロウさんの病気は「痔ろう」と呼ばれる痔の一種でした。どういうわけか働き盛りの男性に多く、初めは小さな”おでき”のようなものが、ズキズキ痛み出し、やがて38~39度ほどの熱が出ます。ひどくなると座ることすら困難になります。この”おでき”は、直腸と肛門の境にある肛門小窩からばい菌が入り化膿するのが原因です。肛門近くにできた”おでき”が自然に破れるか、メスで切開して膿が出ると一時的に腫れは引きます。その後肛門小窩を入り口とし、膿が出た肛門の皮膚の傷を出口とした膿の管「ろう管」ができます。痔ろうが、別名「あな痔」と呼ばれるのは、このろう管の形に由来しています。「入院はできないので、何とかお願いします」とジロウさんは懇願しましたがそれは無理な話。私は入院して手術を受けることを勧めました。痔ろうの手術法は以前、肛門が変形したり、お尻がひん曲がったようになるケースもありました。

しかし、医療技術が進歩した今はそんな心配はありません。最近では、肛門の機能を損なわずに治すことができます。それにしても、働き盛りのビジネスマンは要注意。退院後、ジロウさんは「働き過ぎや、仕事のつき合いで酒を飲みすぎて下痢をしない。ストレスは上手に発散させる」という私のアドバイスを忠実に守っているそうです。


お悩み別にご案内