第12話 妊娠が悪影響  出産前に早期の治療を

「なんとかしてください。飛び出してしまって…。痛くて、痛くて」というCさん(28)は、おなかの大きな妊婦さんで、今にも赤ちゃんが出てきそうでした。いすに座ることもできず、まずベットに横になってもらいました。お話しを聞いてみると、Cさんはもともと痔が悪く、前回のお産でもかなりの痛みに苦労したそうです。今回も予定日が翌月に迫っているにもかかわらず「痛くて、痛くて」ということで当院を受診しました。

一般的に妊婦や出産は痔に悪影響を及ぼします。それは、妊娠すると赤ちゃんの成長に伴い、子宮が大きくなること、さらに骨盤の中に血液が集中することなどによって、肛門にもうっ血が起きやすくなるからです。さらに、便秘にもなりやすく、これが痔核を一層悪化させる一因になります。妊娠が進むにつれてどんどん悪くなり、血栓を起こしたり、大きくはれて飛び出したりして強い痛みを伴うこともあります。場合によっては程度がひどく手術を行うこともありますが、妊娠中の痔の悪化を防ぐには早期に手当をすることが一番です。

まず、生活は規則正しく、肛門に力のかかる仕事は避けるようにしてください。それから、食物繊維を豊富に含んだ食事で便秘を防ぎ、便秘がひどい場合はおなかの赤ちゃんに影響しない程度に下剤を使って、慎重に便通を調えます。また、痔があるときは、消炎効果のある軟こうを患部に塗って炎症を予防するほか、まめに、お風呂で身体を温め、血行を良くするよう心がけてください。出血がひどい場合には、一時的に注射療法(硬化療法)を行うと出血が止まります。いずれにせよ次の出産はおしりを治してからにした方が良いでしょう。


お悩み別にご案内