第16話 音楽で便秘を治す  神経鎮め胃腸を正常に

前回紹介したヒーリングアートとともに注目されているのが、ヒーリングミュージックです。音楽を聞いて気分が高揚したり、心が鎮まった経験はだれにでもあると思います。音楽を使って、便秘が治せないものかと調べてみたところ、東京芸術大学の桜林仁教授はモーツァルトの「メヌエット」、ショパン「マズルカ」を重傷の便秘患者に食後と就寝前に聞かせたところ効果があったそうです。胃腸はもともと神経の影響を受けやすい器官で、ちょっとした神経の緊張があると、下痢をしたり便秘をしたりしますから、特定の音楽が神経を鎮め、胃腸を正常な状態にすることは不思議ではありません。音楽のリズムとの波長がぴったり合えば、効果はいっそうです。

便秘の原因はストレスが大きく関与しています。ストレスを取るには「波の音」や「小鳥のさえずり」など脳がα波で満たされる様ような音楽が良く、心をリラックスさせる効果が便秘に効くようです。そこで当院のオリジナルのミュージックを製作してみようと思い立ちました。さっそく知り合いの”会社員兼作曲家”の増田明宏さん(旭川)に相談し、トイレで聞く音楽、目覚めの音楽などを作曲してもらいました。目下、当院の職員に聞かせて実験中というところです。

もちろん音楽療法は万能のものではありませんが、ヒーリングアートや香りを楽しむアロマテラピー(芳香療法)など、他の療法との相乗効果により、ストレスの少ない病院環境を作ることは可能なようです。やがては医学が進化し、心と体のことがもっと分かれば、おしゃれに便秘を解消できる事でしょう。その時は音楽、絵画、香りなどが処方せんとなるに違いありません。


お悩み別にご案内