炎症から起きる肛門ポリープ がん化の心配ないが深いなら手術も

肛門(こうもん)ポリープと診断された患者さんの中には、「がんに進展するのではないか」と不安を感じている人もいるようですが、その心配はまったくありませんから安心してください。一般にポリープと呼ばれているのは、胃や腸の内壁などの粘膜や皮膚の一部が小さなイボのように隆起した状態の総称で、炎症によって起きる場合と腫瘍(しゅよう)が発生しているケースがあります。悪性の腫瘍が原因なら、がんに進展してしまいます。

肛門ポリープの場合は、直腸と肛門のさかい目にある肛門乳頭部と呼ばれる膨らみが、炎症を繰り返されたために肥大化して起こるもの。米粒大のものから直径2センチくらいのものまで大きさはさまざまで、中には肛門から糸状に飛び出してくるケースもあります。ですが、こうした突起物はちょうどつめと同じように角質性のものですから、決して悪化することはありません。

大きいものなら一見したところ、大腸ポリープに似ていますが、性質はまったく違うので、がん化することもありません。放っておいても構わないのです。だからといって、いつも肛門から何かがぶら下がっているままで生活するのは不快なもの。ですから、ポリープを切除する手術をお勧めします。根元の部分を糸で縛りちょん切ってしまうだけという簡単な手術で、入院しなくても治療できます。

ただし、内痔(じ)核(肛門の血管がうっ血して膨らみ、肛門管の奥にできるいぼ痔)と肛門ポリーブが合併していて、肛門から脱出したいぼがいくつもぶら下がっているようなケースでは、若干複雑な手術が必要となり、10日間程度の入院が必要になることもあります。


お悩み別にご案内